2018年4月3日火曜日

仕組みが気になってしまう理系脳あるある

いつでも当事者気分、エンジニアだもの/理系の人々|【Tech総研】:

 今回はプログラマーあるあるネタですが、元記事はTech総研のよしたに氏の漫画ネタです(↓)。ついつい自らが当事者意識を持ってしまうエンジニア魂に、思わず「あるある」と口に出してしまいました。


 自分の場合、回転寿司屋さんとかファミレスとか居酒屋さんなどで、各席にある注文端末のデキが気になったりします。この操作性だとイマイチだなあとか、自分ならもっとこうするのになあとか。あとは実は自分は知らなかったのですが、最近のゲームセンターのゲームって結構Windowsで動いているみたいなんですよね。店員さんが調子悪いゲーム機を再起動したり、キャンペーンモードに切り替えていたりするのを見て、意外にも設定がコマンドラインベースなのにおぉっと思ったり。

  偏見かも知れませんが、エンジニアの人って、仕組みが全く分からないものは気持ち悪いと感じてしまう気がします。たとえブラックボックスだったとしても、きっとこんな風に動いているんだろうと想像してしまうのです。それが当たっていた時はふふっとなって、外れていたことがわかるとおぉーっとなる。ただそれだけなんですがね(笑)。

 最近、理系脳・文系脳なんて記事をよく書いているのですが、仕組みが気になってしまうのが理系脳、それを使った時の印象が気になるのが文系脳といったところかも知れません。

0 件のコメント:

コメントを投稿