2018年2月10日土曜日

どうみても角度が違うように見える2枚の写真

This is the same photo, side by side. They are not taken at different angles. Both sides are the same, pixel for pixel. - Imgur:

 今回は小ネタなのですが、いわゆる「錯視」というやつで、寸分違わない2枚の写真なのに、見れば見るほど角度が違っているいるように見える、という不思議な写真です。元ネタはimgurというサイトにものです。まずは何はともあれ、その写真を見てみましょう(↓)。


 どうですか。右側の写真の方が坂が少し "なだらか" に見えませんか。あるいは同じ坂なんだけども撮影した時のカメラの高さが違っているように見えませんか。しかしもちろん、2枚の写真は全く同じ。1ピクセルたりとも違っていないのです(↓)。


 海外のサイトでなぜこんなふうに角度が異なって見えるのかと議論されていますが、その中で自分には次の説明が最もそれらしい気がします。それは、本当は2枚の写真ですが横に並べたがゆえに2つの道路が写真下部でひとつに交わるように見えるからだというものです。全く同じ角度の道路だと交わるはずはありませんから、頭の中で互いの道路が写真下に向かって近づいていくように認識しようとしてしまうというわけです。

 そういえば、以前に同じ色のドレスが黄色に見えるか青に見えるかという話題がネット上を騒がせたことがありました(↓)。人間の錯覚って面白いですね。コンピュータや人工知能(AI)なんかで「錯覚」を実現しようとしたら、むしろとんでもなく難しいんじゃないかと想像します。間違うことこそ人間らしいと言えるかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿